冬場の胡蝶蘭の温度管理

冬場の胡蝶蘭の温度管理

せっかく大切に育てた胡蝶蘭を冬場の温度管理が上手く出来なかったためにダメにしてしまったと言うことは良くある話です。
ここでは胡蝶蘭を冬越しさせるための 温度管理のポイントをご紹介したいとおもいます。

胡蝶蘭のような厚くて柔らかい葉を持つ植物と言うのは、他の薄くて硬い葉を持つ植物とは違う光合成のシステムをもっています。
日中ではなく夜間に炭酸ガスなどを 取り入れるために、人には見えませんが夜間も活発に活動を行っています。
冬場でも室内などでは暖房器具によって暖かい環境にありますが、夜間は想像以上に冷え込 むものです。この夜間の温度が低すぎると、葉の裏の炭酸ガスなどを取り入れるための気孔が正しく働かなくなり、根の先端の細胞も分裂することができなくなって、 成長が完全に止まってしまいます。
すると、耐病性が低下して鉢の中に潜んでいる低温性のバクテリアに根を侵されてゆき、根腐れしてしまうことになります。以上の ように、胡蝶蘭にとって夜間の最低温度とゆうものは、とても重要なことなのです。

例外的に比較的寒さに強い品種もありますが、ほとんどの場合7℃以下になると胡蝶蘭は確実に具合が悪くなってゆき枯れてしまいます。
1日や2日ですぐに枯れてしまう とゆうことはありませんが、少しづつダメージが蓄積されてゆき、気付いたときには葉の脱水症状と根腐れをおこし手の付けられない状態になっていたとゆうこともまま あることです。

まずは胡蝶蘭を普段置いておく場所の最低温度を知っておきましょう。ホームセンターや園芸用品店などで最高最低温度計が市販されているので、これを利用すると便利 です。
温度計を花と同じ高さに設置して、確実なな温度帯を毎日測定して、出来るだけ暖かい場所に夜間だけでも移動させるようにします。

最後に少しだけ冬場の水やりについて説明しますが、胡蝶蘭を栽培する際によく耳にするのが「冬場の水やりは控えめに」とゆう言葉です。
これを、1回に与える水の量を減らして毎日 与えると勘違いする人がいますが、量を減らすのではなく水やりをする間隔をじゅうぶんに空けるとゆう意味ですので注意してください。
このように冬場の温度管理、特に夜間の管理を怠らなければ、長期間にわたって美しい胡蝶蘭の姿を楽しむことが出来るでしょう。 最近の胡蝶蘭は胡蝶蘭 通販などのインターネットでも簡単に手に入るので尻込みせずに挑戦してみましょう。